消化不良とは

消化不良をおこす原因には多くのものがあげられます。その中には食べ過ぎや脂肪分が多い食事内容、肉類などもあります。
またお腹いっぱい食べる習慣のある方や食べる時間が根本的に遅い方にもめだちます。さらに職場での飲み会などでも同様なことが言えます。食べ過ぎや飲みすぎを考え、胃痛を抑える胃薬を服用されますが胃薬の副作用の中には、逆に消化不良に関連してしまうものもあります。最近では、ファーストフードを好んでいかれる方も少なくありません。そういった高カロリー食品や味の濃い食品などは消化しにくいものの代表ともいえるでしょう。また多くの疾患とも関連します。シアリス消化器系であったり、肝機能の低下からくるものもあります。症状も多種多様で、嘔吐や胸やけ、胃のもたれ、便秘なども報告されています。

酵素を摂取することで、消化不良を改善し、消化器官までをも生まれ変わらせることができるのです。
それは、消化不良などを解消することで、必要のない排泄物や未消化のままの食べ物などがなくなり、
消化器官がきれいになることでそのような事が起こるのです。

例えば、キウイやパイナップルのようなたんぱく質を分解する酵素を働かせるためには、
加工されていない食物の中に存在するアスぺルギルス属の菌(単細胞生物)が必要とされています。
人間の体の中で非常に効率よく働き、たんばく質、脂肪、炭水化物などの消化にも役立ちます。
アスぺルギルス酵素は、老廃物が細胞に入り込んで蓄積してしまうことを防ぎ、
さらに細胞から老廃物を排出するという、ニつの役割を果たします。

食べ物を食べて消化する能力は胃の働きにかかっています。
健康的な身体でいるためには、消化、(栄養分の)分配、老廃物の排出が必要です。
できるだけその全ての作業を体がレビトラ不快感を感じないようなやり方や消化器官へ負担をかけずに行わなければいけません。
炭水化物は発酵、脂肪は酸化、たんぱく質は腐敗してしまいます。
これらの未消化の食べ物は「食物残滓物」と呼びます。

食物残滓物が引き起こす大きな問題は、体のさまざまなところで老廃物として蓄積してしまうことです。
蓄積されることによって高コレステロール血症、カルシウムが細胞に沈着し石灰化の原因、関節炎と言われる発赤、腫脹、圧痛、こわばり、可動域制限を引き起こし、セルライト(脂肪組織に老廃物や水分が溜まったもの)、そして深刻な病気を引き起こす原因となり体に害を与えるのです。

消化不良が起こると、腸内にかなりの有害物質がたまり吸収され、血液に混じり体に運ばれてしまいます。それにより、有害物質は免疫系にダメージを起こしさまざまな体調不良を引き起こすと考えられています。今度、消化不良の原因および改善方法をまとめます。