消化のメカニズム、何の食べ物は消化に役立つことができる?

消化のメカニズム

食べ物は口から肛門まで消化管を通って進みます。消化管は食道、胃、十二指腸と続き、その後5~6mあると言われる小腸から、1.5~2mの大腸へ連なります。消化管は、食物を消化し、栄養分を吸収するという働きをしています。生命を維持する重要な役割を担っているのです。

具体的に言えば、食べ物を撮ったあと、まず胃の中に一旦とどまります。強い酸性の胃液とよく混ざるためです。胃の中で食べものはドロドロに溶かされ、その後十二指腸に移動します。十二指腸では消化液と混ざります。その刺激で十二指腸からホルモンが分泌されます。そのホルモンは膵臓に働きかけて膵液を十二指腸に出させ、胆嚢からは胆汁を出させます。脂質はそのままでは消化液になじまず分解されませんが、胆汁の助けで消化液と乳化(混じり合うこと)し、膵液の消化酵素リパーゼによって分解されはじめます。

消化不良を引き起こす原因

消化不良の原因が様々ですが、アンバランスな食生活や不規則な生活習慣がもとになっています。毎日の食事が加熱調理されたものやファーストフードなどに偏っている場合、消化の働きを助ける生きた酵素が取り入れられないため、消化に負担がかかることになります。特に肉や魚、卵などの動物性のタンパク質は加熱されることが多く、脂肪分は消化に時間がかかります。

他には、消化不良は多くの疾患ともつながります。胃が垂れ下がり、胃のぜん動運動が低下する胃腸虚弱が消化不良を引き起こします。この疾患は、やせ型で腹筋の少ない人に多くみられます。また、食べたものの吸収が悪く、栄養分などが排便として出てしまう吸収不良症候群なども消化不良に該当します。胃がんやすい臓がんなどの疾患でも消化不良を起こすことがあります。

消化に役立つ食べ物

消化に役立つ食べ物は主に以下の特徴があります。
●脂肪分が少ない
●胃に留まる時間が短い
●胃腸への刺激が少ない
●食物繊維が少ない

具体的な食物から見ると、代表的なものはうなぎ、無花果、サフラン、胚芽精米、パイナップル、山芋、みかん、ヨーグルトなどがあります。うなぎは消化器に強化するので胃腸にも効果があります。精がつくといわれるのはこのことによります。無花果には、フェチンというたんぱく質分解酵素が含まれており、魚類、肉類などの食事をした後に食べると消化吸収を助け、胃腸にも負担をかけません。山芋の中に含まれているため腸内の細菌を活性化させ、消化を促進させます。みかんに含まれているペクチンの作用で、果皮を煎じて服用すると食べ過ぎに効果があり、消化を助けます。ヨーグルトの乳酸菌は、ビタミンを作る腸内細菌を助ける働きがあります。

消化不良が起こると、腸内にかなりの有害物質がたまり吸収され、血液に混じり体に運ばれてしまいます。それにより、有害物質は免疫系にダメージを起こしさまざまな体調不良を引き起こすと考えられています。今度、消化不良の原因および改善方法をまとめます。